2011年06月10日

arduinoが面白い

先輩が開発でマイコンのプログラミングがよく分からず苦労しているので、手伝ってくれと・・・。

PICなら経験があるけど、聞くとAVRを使う予定とのこと。
そこで、少々調べてみるとAVRを直接でもいけるのだけど、arduinoという開発キットがオープンハードで出ているらしい。
オープンソースのハードウェア版という感じ。

そこで、何冊か書籍を買い漁って調べてみると、アセンブラでなくともOKらしい。
これなら、開発工数も小さくできるし、テストもしやすい。

C言語ライクな言語が使えるIDEも無料で手に入るし、面白そう。
ちゅうことで、しばらく遊んでみようと思う。
タグ:Arduino
posted by baniko at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

11.04をVirtualBoxに

ubuntuの最新リリース11.04が出ていたので、どうしようか迷っていたが時間ができたので入れてみた。

もちろん、仮想マシンに。

ISOイメージを落として、起動ディスクに設定。
VirtualBoxの設定をしてイメージからブート。
インストール作業。
約5分!

イメージをunmountして再起動。
updateを全て適用するのに約5分!

何と作業開始から10分ほどで最新の11.04が使える状態に。
マシンが早くなるとこんなにも違うのか・・・。

ただ、ディスプレイの設定で、3Dアクセレーションを有効にしないと、ログイン時に新UIが使えないよと警告が出て、これまで通りのUIで起動する。
あとで、有効にしてやってもOK。

しかし、テスト環境に新しいマシンを用意するのがバカバカしくなるわ。
posted by baniko at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

Windows7 SP1

Windows7にSP1がでたのは知っていたけど、時間がなくてやっと適用。
しかし、仮想マシンのディスク容量が3GB程しかないため、失敗する。

メモリを2GB割り当てたから、そのページングファイルがでかいためだ。OSしか入れてないのに20GBで不足するって、どういうこと?

仕方なく、以前の手順を踏んで容量を増やそうと思ったけど、何気なくググッてみたら別のヒントが。
VirtualBoxの仮想メディア(HDD)の拡張でTrueimageが活躍したという記事。NN Space BLOG-NN空間ブログ参考にさせてもらいました。

さて、同じ方法では芸がないので、少しインチキをして・・・。

(1) TrueImage Home 2010の試用版をダウンロード&インストール
(2) 再起動するかと聞いてくるので、手動でシャットダウン。
(3) Virtualboxマネージャで、ディスクを追加。この時新規に追加で、32GB可変容量にした。
(4) 起動すると、新たにディスクを認識してくれるはず。容量を確認しておく。
(5) TrueImageを起動して、ディスクのクローンを指定。自動設定で問題ない。→再起動
(6) 認識されたディスクにイメージがコピーされるはずなので念のため確認。
(7) 終了後、Virtualboxマネージャで古いディスクをアンマウント。
(8) 最終的に、TrueImageを削除して終了。


多少、レジストリが汚れるけれど、楽ちんなのでOK。

そして、容量が増えたので、やっと本来のSP1の適用となります。
なんで、こんなに苦労せなあかんの?
posted by baniko at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

LibreOffice 3.3導入

少し前から、openofficeからブランチしたのは知っていたし、3.3がリリースされたのも承知していたものの、仕事の途中で入れるのはリスクが高いと思い、キリのつくまでと放置していた。

で、時間が出来たので早速、入れることにする。

公式ページに行くと、ちゃんとdebが用意されていた。本当はリポジトリがあると楽なのだが、次のubuntuから入るらしいし、当面はローカルから入れるということで。

先人の例を参考にする。

(1)さて、まずはOpenOffice3.2を削除しよう。libreがダメなら、再度入れ直せばいい。
synapticから一括して削除。何も問題ない。

(2)tar.gzを3つとも展開しておく。

(3)LibO_3.3.0rc4_Linux_x86_install-deb_en-USの中のDEBSに入り
$sudo dpkg -i *.deb

で完了。

(4)メニュー等の追加をするべく、同ディレクトリ内のdesktop-integrationに移動してインストール。
$cd desktop-integration
$sudo dpkg -i *.deb

これも問題なし。念のため起動してみると、英語メニューだが動作している。

(5)日本語化する。LibO_3.3.0rc4_Linux_x86_langpack-deb_ja内のDEBSに入り
$sudo dpkg -i *.deb

で完了。同じ手順だ。

(6)この時点で、起動してみると文字化けもなく表示されている。Macbuntuにしているせいかも知れない。

(7)LibO_3.3.0rc4_Linux_x86_helppack-deb_ja内のDEBSで同様な作業でヘルプを日本語化完了。
事前にOpenOfficeを削除しているので、何も問題なく動作。

しばらく、これで運用してみよう。
少し触った感じだと、動作が早くなった?気のせいか?というレベル。
唯一、残念なのはdockyのアイコン表示がしょぼくなった…。
タグ:ubuntu
posted by baniko at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

Mac風テーマ

Macbuntuの評判を聞いて、どの程度か試しに導入。
ダウンロードして、install.sh実行でサックリ入ります。

予想以上に、造り込まれている感じです。

ただ、細かな設定はしないといけないです。
ということで、ThunderbirdをLeopard風に。
Add-onで検索すると出てきます。Leopard Mail-Default-AquaをダウンロードしてインストールすればOK。

いい感じです。

chromeは閉じるとか最大化のボタン位置とアイコンが変わらず、これだけ常用アプリで上手くいかなかった。
あとは、Macそっくりです。
壁紙とかアイコンとか、著作権上かなりグレーな感じ。

そういえば、Opneofficeでcalcやpresentationを起動すると、ドックにexcelやpowerpointのアイコンが表示されるのに、writerだけはwordのアイコンを表示してくれない…。なぜ〜。
タグ:ubuntu
posted by baniko at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

Sikuli

GUIベースで少々処理がしたかったので、MITのSikuliを思い出したので、入れてみた。
バージョンは以前チェックした時より随分上がっていて、1.0rc2になっていた。

期待しながら、zipを解凍。でもって実行。
$ ./sikuli-ide.sh
[info] locale: ja_JP
[debug] init user preferences
と表示されたまま、CPU使用率100%って、どんだけ待ってもIDEは表示されず…。

どうなっている?と思い、ググッても全く情報は得られず。
随分調べたのに、手がかりなしです〜。
だれか、情報ください。

仕方なく、xautomationを入れて対処。
xteは、イマイチなんだよね…。
タグ:ubuntu
posted by baniko at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

Seashoreを試す

ちょっとレタッチしたくて、GIMPを入れようと考えていたのだが、たまたまGIMPをMac用に手を入れたSeashoreなるものが出ていることを知る。

しかもXを使わず、Mac用に最適化しているそうでサクサク動作するらしい。
さっそく、落としていれてみた。

さすがネイティブでの動作は気持ちいい。
少々GIMPとはレイアウトが異なるが、ほぼ問題ない。

ついでに日本語化もしてみた。
こちらのファイルたちをフォルダごとリソースフォルダにぶち込めばOKとな。
簡単じゃ。

0.5.1のSeashoreに0.5.0の日本語化ファイルを利用したけど問題なし!
さくっと、動作しました。


タグ:iMac
posted by baniko at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

バックアップ用のHDD購入

IODATAのHDDをポチッとな。

Time Machineがバックアップするのに、120GBのHDDをではあっという間に容量が足りないとのたまってくる。

しかたないので、安いものを探したらe-BESTで1.0TB(HDCR-U1.0EK)で6400円(税込・送料込)だったのさ〜。
他と比較しても、送料とクレジットカード支払いが可能な点を考慮すると格安。
金曜日の夕方オーダー入れたら、本日届きました。
HDCR-U1.0EK
本当に、最近の通販は、素早いですな。

早速、iMacに接続し、バックアップ開始。現在のところ13GB/152GBな進行状況。
ちなみに、iMovieのデータフォルダ(イベント)は除外しました。(記録として・・・)

前のHDDに比べると格段に静かだし、容量も申し分なし。

さて、古い120GBのHDDを何に使うかな。
タグ:IODATA
posted by baniko at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

メモリ増設

購入時に純正のメモリを増設しようかと思ったけれど、最近妙にメモリの価格が下がっているので、自分で増設することにした。

Amazon経由でクレバリーにて注文。
金曜の夕方に注文いれたのに、日曜着とは・・・。

シー・エフ・デー DDR3-1333(PC3-10600) SODIMM CL9 4GB 2枚セット W3N1333Q-4G
これが7470円!安すぎる。1GBが1000円以下。

昔は4MBのSIMMでも高いと思ったのになぁ。

おかげで、iMacは12GB搭載となりました。
快適〜。
タグ:iMac
posted by baniko at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

Dropquestありがとう

ライフハッカーを見てたら、dropboxの容量UPに関する記事があった。

実際に、見てみると結構な難易度。
dropquestで検索かけると、すでに説いた人たちによる攻略法があちこちでまとめられていた。

少し、自分でやってみたもののかな〜り時間がかかるので、攻略法様m(__)mということで、参考に。
まあ、順に辿っていけば、時々容量UPしたよと表示される。だから最後の問題だけやればOKとはならない!のでご注意。

おかげで1GB容量がUPしますた。合計4.5GBになった〜

UbuntuとWindowsとMacで利用しているだけに、ありがたい。
他のものに比べて、レスポンスも良くて使い勝手がいいんだよね。

まだ、使っていない人はお勧めです〜。
でもって、
DropBoxへの登録をここからすると、それぞれ容量UPしてくれて、お互いに幸せ〜。

よろしければお使いください。
タグ:Dropbox
posted by baniko at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。