2012年04月04日

bluefish on Mac

HTML作成でiWebを使ってみたものの、初心者には簡単に作れて良いのかもしれないが、自由度が低すぎて逆に苦労した。
仕方ないので、AdobeのDreamweaverでも買おうかと思ったけれど、できる限り他の方法を試す事にした。
そこで、bluefishを試す事に。GTKで動作しているので、Linux使いだった自分には慣れるだろうという浅はかな考え。

本家bluefishのサイトからダウンロード。2.2.2はMac用のdmgファイルが用意されているので簡単ですな。
落としてappをインストール。

さて、実行してみると・・・。フォントがらみでメニューバー以外は豆腐の嵐。
これではまともに使えないです。
しかし、Linuxでも日本語がらみはよく見た光景なので、どこかに情報がないか探してみる。

katz+さんのサイトにwindows版での不具合についての記述がありました。

同じフォント関係の不具合なので、試してみる事に。

finderからbluefish.appを右クリック→「パッケージの内容を表示」
Contents→Resources→etc→gtk-2.0→gtkrc
までたどり着きました。
gtkrc

このファイルをエディタで開き、加筆する事に。
style "user-font"
{font_name="Meiryo"}
widget_class "*" style "user-font"

自分のマシンにはメイリオが入っているので、このままでOKなはず。

保存して、bluefishを起動すると・・・。
bluefish

これだけで、無事に表示。
念のためテキストファイルやhtmlも開いてみましたが、問題なし。
一通りメニューや環境設定を触ってみても、異常な所はほぼ見られず。

これで、そこそこまともなhtmlエディタが使えるようになった・・・。
一件落着。
タグ:HTML Editor iMac
posted by baniko at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

文字コードではまる

WORDのデータを整形して、csvにして欲しいと頼まれた。
とりあえず、テキストエディタにコピーして、正規表現で何とか整形する事ができた。全てUTFで作業していた。

さて、そのデータをExcelに貼り付けて、カラム数が合っているか等チェックして、CSV形式で保存した。
ここに、失敗があった。word→テキストエディタは意識してUTFを気にかけていたものの、Excel→CSVの確認を忘れていた。
officeは内部コードをUTFで処理するようになったというのが、変に意識に残っていたのかもしれない。

cp932では表現できない文字コードが含まれていたため、後の処理で引っかかってしまった。

ExcelもCSVで保存する時に、そういったメッセージは出ないしなぁ。

エディタで、特定の文字を置換して切り抜けましたゎ〜
posted by baniko at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

NTFSをLionで

SnowLeopardでは、NTFSが利用できていたのだけれど、Lionにしたらエラーをはくようになった。

といっても、NTFS-3Gを利用していたのだが、Lionには対応していないらしい。
サイトに行くとTuxera NTFS for Mac 2010.12-RCが出ていて、こいつを使えばOKらしいが、無料なのは一定期間のみ。
その後は有料と言われ、前回利用済みで期限を過ぎていた。

さて、無料で使う方法はないかと探してみたら、ありました。
マイコミジャーナルにLionで書き込めなくなった「NTFS」とな。

要は最新のMacFuse(2.2)を使えば、NTFS-3Gで読み書きが可能になるらしい。

ということで、試してみた。

確かにマウント時にエラーが出るものの、無事読み書きが可能だった。
ちょっと怖いのでキャッシングはOFFにしてみたけど、それほど速度が遅いようには感じなかったので、このまま運用することにする。
といっても、NTFSのUSBメモリだから常時接続してある訳でもないしなぁ〜。

とりあえず、当初の目的は達成。
posted by baniko at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

arduinoとruby

今度は湿度センサを注文しておいたのが届いたので、早速テスト。

複数センサからのデータ取り込みと、出力を確認。

今後、リレーとかを動作させることを考えると、PC->arduinoへコマンド送信。
arduino->PC結果ステータス送信という流れで組むことに。

ボードからの受信をしながらコマンド送信となると、threadが使いたい。
迷った挙句、ここはperlではなくrubyを使うことに変更。

gemでシリアル関係のライブラリを入れたら、サクっと動作した。
threadで受信ルーチンと、送信ルーチンを分けて動作テスト完了。

温度・湿度センサ
回路側には本当はコンデンサ挟まないと、測定データにノイズ乗りまくりだけど、とりあえず動作テストなのでOKでしょ。
という無茶なテストも簡単にできるのがいいところ。

しかし、arduinoって面白いなあ。
タグ:Arduino
posted by baniko at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

arduinoの開発環境

とりあえず、仕組みや動かし方はわかった。

で、開発環境をどれにするかだけど、今のところLinuxを最終ホストマシンにするつもり。ただし、開発はMacで。
このあたり、WindowsもMacもLinuxでもIDEが用意されているのが嬉しい。

注文した部品も届いたことだし、早速テスト。
温度センサをブレッドボードに接続。
アナログポートから読み取り出力させることにしてテスト。

USB経由のシリアル通信で行くことに。
arduino自体はコンパイルしてアップロードすればOKだけど、ホスト側の言語をperlでテストすることにした。
使用するマシンが決まっていないし、仕様の変更にも対処できるように、できるだけ高水準な言語が使いたかったけど、機種依存はOS依存は極力排除したいし・・・。悩ましいところ。
arduino 出力結果
とりあえず、動作させるところまでは完了。
arduino側のシリアル通信用のルーチンはこれでOKということにしておこう。
タグ:Arduino
posted by baniko at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

arduinoが面白い

先輩が開発でマイコンのプログラミングがよく分からず苦労しているので、手伝ってくれと・・・。

PICなら経験があるけど、聞くとAVRを使う予定とのこと。
そこで、少々調べてみるとAVRを直接でもいけるのだけど、arduinoという開発キットがオープンハードで出ているらしい。
オープンソースのハードウェア版という感じ。

そこで、何冊か書籍を買い漁って調べてみると、アセンブラでなくともOKらしい。
これなら、開発工数も小さくできるし、テストもしやすい。

C言語ライクな言語が使えるIDEも無料で手に入るし、面白そう。
ちゅうことで、しばらく遊んでみようと思う。
タグ:Arduino
posted by baniko at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

Seashoreを試す

ちょっとレタッチしたくて、GIMPを入れようと考えていたのだが、たまたまGIMPをMac用に手を入れたSeashoreなるものが出ていることを知る。

しかもXを使わず、Mac用に最適化しているそうでサクサク動作するらしい。
さっそく、落としていれてみた。

さすがネイティブでの動作は気持ちいい。
少々GIMPとはレイアウトが異なるが、ほぼ問題ない。

ついでに日本語化もしてみた。
こちらのファイルたちをフォルダごとリソースフォルダにぶち込めばOKとな。
簡単じゃ。

0.5.1のSeashoreに0.5.0の日本語化ファイルを利用したけど問題なし!
さくっと、動作しました。


タグ:iMac
posted by baniko at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

バックアップ用のHDD購入

IODATAのHDDをポチッとな。

Time Machineがバックアップするのに、120GBのHDDをではあっという間に容量が足りないとのたまってくる。

しかたないので、安いものを探したらe-BESTで1.0TB(HDCR-U1.0EK)で6400円(税込・送料込)だったのさ〜。
他と比較しても、送料とクレジットカード支払いが可能な点を考慮すると格安。
金曜日の夕方オーダー入れたら、本日届きました。
HDCR-U1.0EK
本当に、最近の通販は、素早いですな。

早速、iMacに接続し、バックアップ開始。現在のところ13GB/152GBな進行状況。
ちなみに、iMovieのデータフォルダ(イベント)は除外しました。(記録として・・・)

前のHDDに比べると格段に静かだし、容量も申し分なし。

さて、古い120GBのHDDを何に使うかな。
タグ:IODATA
posted by baniko at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

メモリ増設

購入時に純正のメモリを増設しようかと思ったけれど、最近妙にメモリの価格が下がっているので、自分で増設することにした。

Amazon経由でクレバリーにて注文。
金曜の夕方に注文いれたのに、日曜着とは・・・。

シー・エフ・デー DDR3-1333(PC3-10600) SODIMM CL9 4GB 2枚セット W3N1333Q-4G
これが7470円!安すぎる。1GBが1000円以下。

昔は4MBのSIMMでも高いと思ったのになぁ。

おかげで、iMacは12GB搭載となりました。
快適〜。
タグ:iMac
posted by baniko at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

バックアップディスクの容量不足

調子に乗って、写真と動画の重複管理をしていたら、Time Machineがエラーを吐いてきた。

バックアップに使っているのは、USB-HDD。Windowsでバックアップに使用していて、今回iMacに移行するのに使用してきた古目のHDD。120GBしかないんだよね〜。

でも、これまではpdumpfsでデイリーバックアップしていて容量には困らなかった。
おまかせにしたのと、重複しているのが問題だな。

新しい、バックアップ用のHDDを用意するのが安心だよね・・・。
appleご謹製のTime Capsuleにするか?高いんだよね…。最近HDDの価格はかなり下がっているからな。
前回買ったREGZA用のIO-DATA HDCR-U1.5EKだって1万円そこそこなんだから、検討が必要なり
タグ:iMac
posted by baniko at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

ビデオの取り込み

先月購入した、Handycam HDR-CX370Vのデータを取り込んでみる。

このためにTranscend SDHCカード 16GB Class10を2750円で購入済み。
さて、静止画も動画も一旦SDカードにコピー。

iMacに食わせる。
iPhotoが静止画を取り込むかと聞いてくる。動画は?取り込めない。

マニュアルをひっくり返すと、専用ソフトを使えと。Mac非対応 orz

調べるとOSXの場合はUSB接続すればカメラから取り込めるとのこと。
早速接続。iMovieで取り込み完了。時間はかかるが、取り敢えずOK。

じゃ、SDHCカード16GBもいらんやんか! 静止画のためだけ…。って悲しすぎる。

しかも、iMovieで取り込むと、iphotoとは異なるフォルダに保存管理するのが、気に入らない。
一旦、iMovie管理のフォルダの下から、オリジナルムービーをiPhotoにDrag&Dropして取り込ませる。
これで、iPhotoのデータをバックアップすれば、全部管理できる :)

iMovieでは動画編集・作成するときに必要な動画だけを取り込むのが筋だとおもうので・・・。全部あってもしゃあないし。

ちゅうことで、SDHCへの投資が無駄になった事実が残った。

タグ:HDR-CX370V iMac
posted by baniko at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

Macの作法にまだ慣れない

Windowsでは、特定のディレクトリに全てのデータを格納していたので、移行も楽々。

さて、そのデータをMacに突っ込み、それぞれのアプリケーションで使ってみる。
iPhotoで写真等のフォルダを読ませたら、20分程度かかった。
まあ、10000点以上あるから仕方がないか。

で、どんな管理しているかというと、ホームの下のピクチャに管理データとともに保存されている…。
新しい写真をカメラから試しに入れてみると、同じくフォルダにコピーされている。
いままで、自分で全て管理していたので、OSXにすべておまかせするのは、少々怖い気もする。

しばらくは、これまでのフォルダで管理しよう。データは重複することになるけど。
ということで、iPhotoの写真を、data/photo/2011/201101xx イベント名 の下に出力することにする。

慣れが必要だね〜。
posted by baniko at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

データの移行

さて、今度はWindowsマシンに存在するデータを移行する作業。

これは、いままで一つのディレクトリに、すべて保存してあるのでコピーしてオシマイ。
残るは、アプリケーションごとに勝手に保存してくれたもの。
Thunderbirdの接続設定や過去のメール。
iTunesのデータ。
その他は、基本的に捨てることにする。

メーラーはApple Mailを利用することにしてみる。
アカウントでメールアドレスを入れれば、勝手に設定してくれる。
GmailなんかはちゃんとIMAPで設定してくれるので、パスワード入れれば完了。賢いな。

i.softbank.jpもアドレスとパスワードだけで設定完了。iMacあなどれん。
他のメールも簡単に設定終了。

過去のメールデータも良く考えてみると、そんなに大事なモノってないということに気づいた。
一応、保存とか重要とかフォルダ設定したメールだけ残して、あとは全部捨てることに。
少々ドキドキするけど、気持よく捨てるタイミングだと・・・

iTunesはバックアップ取り忘れて、バラしたWindowsマシンを再度準備して起動。
ファイル→ライブラリ→ディスクへバックアップとすることで、DVDに焼いてくれる。
他の方法も考えたけど、何でも練習なので試してみることに。

焼き上がったDVDを、iTunesを起動したiMacに入れると、認識してくれて復元するか尋ねられる。
OKすれば、完了。
なんちゅう簡単な。
タグ:iMac
posted by baniko at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

iMac購入

正月2日にApple StoreがセールとDMが届いていたので、以前より懸案事項だったメインマシンの購入に踏み切った。
iMac 21.5インチをベースにCPUはCore-i5に変更。Magic TrackpadにiWorkとMS-Officeを突っ込んでポチッてしまった。

それが、届いて開梱。電源1本で設置完了。
このあたりは、Windowsとは大違いだな。

とりあえず、ネットワークの設定後、Dropbox,Skype,Evernote,Google IMEなどを設定して本日は完了〜。
まあ、Airの時に十分調査してあるので問題なしです。
タグ:iMac
posted by baniko at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

skype5 ベータ

週末、タイムリーにもライフハッカーで、skype5ベータの記事があったので、忘れる前に入れてみた。

結構いい感じだなぁと、テストしていたら、また追加の記事が。

ただ、この記事では手順がおかしい。翻訳の関係かな?

元記事には、
1.Go to the Library folder in your Home folder.
2.Open the Skype folder within the Application Support folder.
3.Create a ChatStyles folder if it doesn’t exist.
4.Download the below, extract, put it in the folder.
5.Restart Skype.
6.Go to Skype Preferences and choose “Panamerica Mini” in the Style dropdown in the Messaging section.

とあるので、homeの/Library/Application Support/Skype/にChatStylesフォルダを作成し、その中にダウンロードしたPanamericanaMini.SkypeChatStyle.zipを解凍したものをぶち込めとな。

再起動すると、chatの設定でPanamerica Miniが選択できるようになっているので、めでたく完了!
posted by baniko at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

appのローカライズが上手くいかない

早速、テストを兼ねて練習用のアプリ作成。

この本を使って学習中です。

基礎から学ぶ iPhoneアプリ開発

基礎から学ぶ iPhoneアプリ開発

  • 作者: 林 晃
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2010/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




お決まりのHelloWorldですが、最後のローカライズで、app名のみ上手く行きません。
あちこち、ググりましたが、書かれている内容は一緒です。
CFBundleDisplayNameを設定しろと…。
何度試しても、駄目なので、もう少しテストしながら調査が必要です。

なかなか、思い通りにいかないです。
タグ:IOS
posted by baniko at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

MacBookAir入手

評判を聞いて、ついつい。

職場にはiPadがあるし、自分はiphone4持ちなので、相談の上MacAir11インチをゲット。
注文から納品までは非常にスムースでした。

早速、開封。写真など載せるまでもなく、あちこちで記事になっていますが、ものすごく薄いです。
しかも、静かで予想以上に高速。さすがSSDの効果ですね。

まずは、chrome,facetime,dropbox,OpenofficeやMac定番のツールCotEditor,The Unarchiverなどを入れました

さて、目的のiOS SDKをdevelop Centerにて登録し、ダウンロード&インストール。
3GBちょいあるので、落とすのも結構時間かかりました。

楽しいですなぁ。
久しぶりのMacなので、オロオロしながら、設定中。
posted by baniko at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。