2007年11月28日

MSIME不具合

職場のユーザの中に、IMEの動作がおかしい旨の報告が相次いできた。
「あたらしい」→「亜他らしい」
どれも同じ症状。
あ行がすべて「亜」から始まり、他の候補が出ない。文節の切り直しの問題かと思ったが、どうも違う。

よく見るとタスクバーの中の言語バーがおかしい。
msime
「A般」の文字がなぜか黒に。
他の正常なユーザは白。
WindowsXPの問題かMSIMEの不具合かと思ったが、同じマシンで異なるユーザでは、異状なし。
どうやら辞書かプロファイルに問題があるらしい。

不具合のあるユーザが、正常に動作するマシンでログオンすると、やはり異常が発生。プロファイル内に問題があるらしい。
原因を調査するも、それらしい症例は見つからないので、強行手段に。

一旦、サーバ上の移動プロファイルを削除。
正常に動作するマシンで、ログオン。
正常に動作するのを確認して、ログオフ。
これで、新しいプロファイルの出来上がり。

念のため通常使用するマシン上にあるプロファイルのコピーを全削除。

一体全体、何が原因なのか・・・。
調査するのも面倒だし、当面はこの方法で凌ぐしかない・・・。

やっかいやなぁ。
ラベル:WindowsXP MS-IME
posted by baniko at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

VMware Converterは偉大だ

さて、仮想化したイメージをubuntu上で起動。
何度か再起動して、セーフモードも使っているうちに、正常に起動するようになった。多分ハードウェア構成がイメージのものと異なるのが原因だろうねぇ。

しかし、ドメインに入るには、ネットワーク上に同じマシン名などがあって問題が発生するだろうということで、workgroupを適当に設定し、DHCPからIPを拾うことに。
 とりあえず問題なく動作するようだ。メモリ量を1GBに減らし、いくつか動かしてみたが思ったよりキビキビ動作します。

 さて、この後の展開だが、メインマシンのデータディスクをvmwareで使えるようにコピーして、動作確認後、メインマシンをLinuxに置き換え、vmwareのイメージをメインマシンに再度引越せば、完璧だ。
 ちょっと時間はかかるが、いいかも。
posted by baniko at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

使用しているマシンの仮想化

先日Qcamのテストをしている記事で「今使っているwindowsマシンをイメージに落として、vmware上で動作できないだろうか・・・。」と言いながら、自分で探してみたら、ちゃんとありました。
しかも本家vmwareではないですか。
VMware converterは、しかも無料だった。

早速ダウンロードして、動作テスト。Vistaは対応環境から外れているが、XPで動くなら物は試しと、自分でメインに使用しているマシンにインストール。
システムドライブのイメージは、とりあえずDドライブに保存。
めちゃ時間かかりましたわ。といってもマシンが早いので、放置しておけばそれなりの速度なのかも。
しかし、イメージのサイズは滅茶苦茶大きい。

完成したイメージをすぐさま起動。
少々メモリが少ない設定で動かしたので、緩慢だがログイン画面まではたどり着いた。
さて、アドミンでログインしようとしたが、ドメインを変更したくとも\記号がキーボードから入力できない。しかもUSキーボードの反応。
それでもって、何回もキーボードをたたいていたら、vmware上のマシンがブルーバックで落ちました。

Vista上で同じマシンのVistaを動かすのは気持ち悪いので、ubunts上で動かそうと、イメージのコピーを始めたが・・・。70GBのコピーは帰るまでに終了せず。
そのまま、コピーをかけて、帰宅。続きは月曜。
ラベル:VMware
posted by baniko at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

UACはオフだと使いにくい

UACをオフにしたら、管理者権限で実行しても文句を垂れてくる・・・。

XPからVistaに変えた時は面倒なんて思っていたが、オフにするとXP互換ではないことが判明・・・もうやだ〜(悲しい顔)
結局、何か設定しようとするたびに、administratorでログインし直さないと、作業が継続できないし、かえって不便になってしまったわい。

仕方なく、UACをONって、これもログインし直しでないと設定できないし・・・。
なんだか、怒れてくるなぁ。
Microsoftがますます嫌いになりそうだ。
ラベル:UAC Vista
posted by baniko at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

ASUSのAsLoader.exeがウザい

別に大した理由はないが、いま使っているマシンで新しいBIOSにupdateしようと思い、ASUSUpdateをインストール。
でもって、最新のBIOSイメージを落として、いざ実行。

簡単に入りました。手元にFDなかったし、vista上から実行できるなんて、夢のようだとウキウキしてた。

再起動したら、AsLoader.exeはUACで認証求めてくるし、aaCenter.exeも同様。非常にストレス高まります。

BIOSはUpしたので、必要になった時点で、再度インストールすればOKじゃんとすべてアンインストールかけました。
なのに、上のふたつはUninstallされていないじゃないか!!

頭にきて、ディレクトリごと削除。
でもって、レジストリからぶっこ抜こうとしたら見付からない。

「窓の手」入れようとしたら、丁寧にVISTAには対応しちょらんとお断りを受け、代わりに「いじくるつく〜る」を入れてみる。
ああ、泥沼化している。

最終的にはUACをオフにしちゃった。
ラベル:Vista AsLoader.exe ASUS
posted by baniko at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

結局editorしかない

原稿を依頼されて、作成する条件に「25字×31行×2段」でお願いします。と言われ、wordの段組みでは気持ち良く書けない。
原稿用紙ウィザードを使ったら、なんだか間の抜けた画面でやってられない。
一応OpenOfficeも試したが、結局wordと同じだし・・・。
scribusもチャレンジしたが、漢字の扱いがだめだめ。

結局、使いなれたxyzzyを50字に設定し、62行で作成するのが最も書きやすかった。所詮WYSIWYGを目指すものと、脳みその中身をぶちまける道具は違うちゅうことなんでしょうね・・・。

だれか、こういうのに向いたツールを知っている人がいたら教えてほしいです〜。
ラベル:xyzzy scribus WORD
posted by baniko at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。