2007年12月21日

Logicool Qcam Express

以前、vmware上のubuntuで動作させた、Qcam Expressを接続。
dmsgでは
[16687.298205] Linux video capture interface: v2.00
[16687.299730] quickcam: QuickCam USB camera found (driver version QuickCam USB
0.6.6 $Date: 2006/11/04 08:38:14 $)
[16687.299736] quickcam: Kernel:2.6.22-14-generic bus:3 class:FF subclass:FF ven
dor:046D product:0870
[16687.308818] quickcam: Sensor HDCS-1020 detected
[16687.310829] quickcam: Registered device: /dev/video0
[16687.310842] usbcore: registered new interface driver quickcam
と正しく認識した模様。
しかし、xawtvで確認しようとすると、以前は正しく動作していたのに、erorr吐いて起動すらしない。

This is xawtv-3.95.dfsg.1, running on Linux/i686 (2.6.22-14-generic)
xinerama 0: 1680x1050+0+0
X Error of failed request: XF86DGANoDirectVideoMode
Major opcode of failed request: 137 (XFree86-DGA)
Minor opcode of failed request: 1 (XF86DGAGetVideoLL)
Serial number of failed request: 69
Current serial number in output stream: 69

どうやら、X関係でおかしなことになっているらしい。
調べてみるとnvidiaを使用する場合に問題があるらしい。
参照:vdrめも

ということで、-nodgaオプションをつけて確認。
$ xawtv -nodga
無事動作するのを確認しました。
ついでに、motionも入れて監視カメラとして完了。
posted by baniko at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。