2012年04月04日

bluefish on Mac

HTML作成でiWebを使ってみたものの、初心者には簡単に作れて良いのかもしれないが、自由度が低すぎて逆に苦労した。
仕方ないので、AdobeのDreamweaverでも買おうかと思ったけれど、できる限り他の方法を試す事にした。
そこで、bluefishを試す事に。GTKで動作しているので、Linux使いだった自分には慣れるだろうという浅はかな考え。

本家bluefishのサイトからダウンロード。2.2.2はMac用のdmgファイルが用意されているので簡単ですな。
落としてappをインストール。

さて、実行してみると・・・。フォントがらみでメニューバー以外は豆腐の嵐。
これではまともに使えないです。
しかし、Linuxでも日本語がらみはよく見た光景なので、どこかに情報がないか探してみる。

katz+さんのサイトにwindows版での不具合についての記述がありました。

同じフォント関係の不具合なので、試してみる事に。

finderからbluefish.appを右クリック→「パッケージの内容を表示」
Contents→Resources→etc→gtk-2.0→gtkrc
までたどり着きました。
gtkrc

このファイルをエディタで開き、加筆する事に。
style "user-font"
{font_name="Meiryo"}
widget_class "*" style "user-font"

自分のマシンにはメイリオが入っているので、このままでOKなはず。

保存して、bluefishを起動すると・・・。
bluefish

これだけで、無事に表示。
念のためテキストファイルやhtmlも開いてみましたが、問題なし。
一通りメニューや環境設定を触ってみても、異常な所はほぼ見られず。

これで、そこそこまともなhtmlエディタが使えるようになった・・・。
一件落着。
タグ:HTML Editor iMac
posted by baniko at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262120082

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。