2011年06月29日

arduinoとruby

今度は湿度センサを注文しておいたのが届いたので、早速テスト。

複数センサからのデータ取り込みと、出力を確認。

今後、リレーとかを動作させることを考えると、PC->arduinoへコマンド送信。
arduino->PC結果ステータス送信という流れで組むことに。

ボードからの受信をしながらコマンド送信となると、threadが使いたい。
迷った挙句、ここはperlではなくrubyを使うことに変更。

gemでシリアル関係のライブラリを入れたら、サクっと動作した。
threadで受信ルーチンと、送信ルーチンを分けて動作テスト完了。

温度・湿度センサ
回路側には本当はコンデンサ挟まないと、測定データにノイズ乗りまくりだけど、とりあえず動作テストなのでOKでしょ。
という無茶なテストも簡単にできるのがいいところ。

しかし、arduinoって面白いなあ。
タグ:Arduino
posted by baniko at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214619585

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。