2011年06月27日

arduinoの開発環境

とりあえず、仕組みや動かし方はわかった。

で、開発環境をどれにするかだけど、今のところLinuxを最終ホストマシンにするつもり。ただし、開発はMacで。
このあたり、WindowsもMacもLinuxでもIDEが用意されているのが嬉しい。

注文した部品も届いたことだし、早速テスト。
温度センサをブレッドボードに接続。
アナログポートから読み取り出力させることにしてテスト。

USB経由のシリアル通信で行くことに。
arduino自体はコンパイルしてアップロードすればOKだけど、ホスト側の言語をperlでテストすることにした。
使用するマシンが決まっていないし、仕様の変更にも対処できるように、できるだけ高水準な言語が使いたかったけど、機種依存はOS依存は極力排除したいし・・・。悩ましいところ。
arduino 出力結果
とりあえず、動作させるところまでは完了。
arduino側のシリアル通信用のルーチンはこれでOKということにしておこう。
ラベル:Arduino
posted by baniko at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。