2010年09月01日

dopdf

Office2007になって、pdfへの出力ができるようになり、結構な頻度で使用していたのだが…。
少々複雑なレイアウトや、ワードアート・図などを挿入してやったら、エラーを吐く。

といって、acrobat distillerなんて重くて入れたくない。(なにせVirtualBox上で動作している)
同僚に頼んで、distillerで出力してもらったのだけれど、フォントが埋め込んであるword文書なのに、ワードアートは埋込みが反映されていない…。

仕方なく、OpenOfficeで読み込んでみるがレイアウトは惨憺たる状況。

そこで、仮想PDFプリンタをインストールすることに。
調べてみると、以前より種類も機能も上がっているようなので、いくつか試してみた。

PrimoPDF
クセロ 瞬簡PDF ZERO
doPDF
CutePDF


最終的には、doPDFが思い通りの結果を得られることが分かって、利用することにした。
他は広告がウザイものや、正確に出力されないものもある。一見出力完了に見えても、PDFを開くと途中で落ちていたりする。

当面はwordからのPDF出力で、エラーを吐くときはdoPDFという変則利用で切り抜けることにした。

ダウンロードは本家から。
posted by baniko at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161209726

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。