2010年07月15日

scratchの日本語font

プログラミング言語?というか、Squeakで書かれた環境で遊んでみた。
子どもに、プログラミングを教えるのに、いいんじゃないかという発想。

で、ubuntu版が本家http://scratch.mit.edu/にあったので、入れてみた。
子どもに使わせるなら、日本語でと思ったら、フォントが汚い。またか・・・。
ubuntu版

あれこれ、poファイルなども設定してみたが、一向にうまくいかない。
誰か教えて欲しい。

仕方なく、windows版をwineでと考えた。インストーラなしのzip版があるので、こいつでチャレンジ。
最初は□の表示のみ。まぁ、これは想定範囲内。
そこで、localにあるja.poのフォント設定をする。とりあえず、MS UI Gothcに。
# Font to use on a Windows system
msgid "Win-Font"
msgstr "MS UI Gothic"


すると、言語を日本語選択すれば、結構綺麗に表示された。
windows版

ただし、言語選択メニューは「□」豆腐や「・」なので順番に選択するしか解決方法がない・・・。
一旦、日本語を選べば、日本語はどこだか分かる。
言語メニュー

まあ、これでOKなんだけど・・・。
ubuntu直で動かしたいわけで、綺麗に表示する方法を探してみなきゃ・・・。
ラベル:ubuntu Wine
posted by baniko at 14:31| Comment(1) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。日本語版の翻訳者です。
Linux版の日本語表示が汚いのは気づいていたのですが、対応していませんでした。すみません。
改めてSmalltalkのソースを読んでみると、Linuxではアンチエイリアスを使わない設定になっていました(有効になるのはMac OS Xのみ)。試しにpoファイルのAnti-Aliasingフィールドで設定できるようにしたものを作ってみましたのでお試しください。
http://squeakland.jp/abee/tmp/ScratchAntiAliasing.zip
この中のScratchAntiAliasing.imageをScratch.imageの代わりに使うよう/usr/bin/scratchを書き換えてもらえれば結構だと思います。サンプルのja_antialiasing.poも入っています。
ただし、アンチエイリアスを有効にするとメニューやテキストフィールドのハイライトが正しく表示されなくなります。このあたりが使われていない理由かもしれません。
Posted by abee at 2010年07月16日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。