2010年05月18日

USBでubuntu

以前購入した、64GのUSBメモリにubuntuを入れてテスト。

パーテーション切って20Gと40G程度に。
20GBはFAT32でwindowsなんかと共用。ubuntuは40GBの方に。

「システム」→「システム管理」→「スタートアップ・ディスクの作成」で指示に従ってOK。
最後の設定でGRUBをUSBに書き込まないとはまるらしい。

でもって、しばらく待てば終了。
BIOSがUSBブートに対応しているのを確認して、起動!
ほぼ40秒以内にログイン画面。その後20秒以内に使える状態に。
すばらしい!

自宅のデスクトップが無線LANなので使えるように、ndiswrapperを入れ、windowsのドライバと.infファイルを用意すれば簡単だった。
うちのは、Dell TrueMobile1300でしたが、難なく認識。

はぁ〜。今時のLinuxはwindows用のドライバをこうも簡単に利用できてしまうのねぇ〜。

あとは、再度synaptic使ってupdateやらインストールやら・・・。

USBにはskypeとかtwitterクライアント、dropboxにFirefox用のXmarksなど、ついでにMozcもいれて快適環境。DeskTopとほぼ同期完了。
メールはgmailをwebで使うことにしたので、メールクライアントは不要。

よく考えると、OSとデータ領域を同時に持ち運べるのだから、すごいことだ。マシン1台をポケットにといっても過言ではない状況。

これで、出先でもいつもと同じ環境で作業OK。
なんだか、面白いぞ。
ラベル:ubuntu
posted by baniko at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。