2010年03月24日

以前の職場のサイトが閉鎖するかも

異動する前の職場では、Linuxサーバ上でapacheというごく一般的な構成で運用してきた。
しかし、自分が抜け、他の管理者なども次々異動になり、今では1名が保守管理。もちろん、他の業務もこなしているため負担は相当大きい。

久しぶりに、余った機材などがないか電話を入れてみると・・・。
サーバを業者に委託しようかと思っているとな・・・。

コンテンツの管理を業者に依頼する予定で、併せて外部にとのこと。

う〜む、困った。
個人のページもそこに乗せてあるのだけれど、どこかに移転しなくては。

pukiwikiベースで作ったページは簡単に移動できるが、PHPでがりがり書いたものや、90年代から記録し続けている、見た映画やDVDの記録なんかは簡易DBとPHPで構築してある。
perlやrubyのスクリプトなども動作検証が必要だし・・・。

思い切って、捨てるか・・・。

html形式で取り込んで、そのままupするか・・・。

選択が迫られる状況が近いようだ。

こんなとき、みなさんはどうしているんでしょう?
posted by baniko at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。