2008年07月29日

原因はVirtualBoxの可能性が高い

どうしてFirefoxの反応が鈍いのか・・・。
ということで、いろいろと再現実験をしていたら、裏でVirtualBoxを動かし、Officeをばりばり動かしている時に遅くなるようだ。

メモリの割り当てが若干少なくて、ExcelとPowerPointを起動したため、swapが発生しているのかも。
ただ、そのままOffice系を使っていると、swap outが完了するせいか、firefoxの動作はきびきびと動くようになる。

VirtualBoxを使っていないときは、反応が遅くなる現象は今のところ起きないので、推測でしかないが・・・。

でも、Windowsの起動があまりに遅いので、ついつい立ち上げっぱなしにしちゃうという、使い方に問題があるのかも。
posted by baniko at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。