2010年09月08日

PDF Reader

最近、PDFでのやりとりが増えていて・・・。

Acrobat Readerは、まともに表示してくれるけど、やっぱり重いし、小回りがきかない。
と思って探して試してみた。

SimplePDF Reader
Nitro PDF Reader


SimplePDFは、サイズも小さくいい感じなのだけど、Word・Excelで吐いたPDFが正しく表示されない。印刷すればOKなのだが、それではPDF Readerの意味がない。
word excel
倍率によっては一部表示されたり、しなかったり。
OpenOfficeで吐いたPDFは、問題ないのだけれど。
軽くていい感じだっただけに、残念。

Nitroは、やや重量級。でも機能的に素晴らしい。
PDFの仮想プリンタもインストールしてくれたりする。
こいつは、wordやexcelのファイルをドラッグ&ドロップすると、PDFにコンバートするのに使ってるみたい。だけど、さくっと使えて便利です。
あと、PDFへの書き込みやコメント・マーキングなどができて、なおかつ、そのファイルを再度PDFで保存できる。
こりゃいい!

しばらくは、Nitroを常用してみることにする。
posted by baniko at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

dopdf

Office2007になって、pdfへの出力ができるようになり、結構な頻度で使用していたのだが…。
少々複雑なレイアウトや、ワードアート・図などを挿入してやったら、エラーを吐く。

といって、acrobat distillerなんて重くて入れたくない。(なにせVirtualBox上で動作している)
同僚に頼んで、distillerで出力してもらったのだけれど、フォントが埋め込んであるword文書なのに、ワードアートは埋込みが反映されていない…。

仕方なく、OpenOfficeで読み込んでみるがレイアウトは惨憺たる状況。

そこで、仮想PDFプリンタをインストールすることに。
調べてみると、以前より種類も機能も上がっているようなので、いくつか試してみた。

PrimoPDF
クセロ 瞬簡PDF ZERO
doPDF
CutePDF


最終的には、doPDFが思い通りの結果を得られることが分かって、利用することにした。
他は広告がウザイものや、正確に出力されないものもある。一見出力完了に見えても、PDFを開くと途中で落ちていたりする。

当面はwordからのPDF出力で、エラーを吐くときはdoPDFという変則利用で切り抜けることにした。

ダウンロードは本家から。
posted by baniko at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。