2010年07月15日

fonルータの設定

せっかく、fonルータを貰ってきたので、現在使用している無線LANルータの横に設置してみた。
チャンネルを変えれば何とかなるやろうと・・・。

設定・接続は問題ないが、メールの登録したのがMMSからだったのが、ここへ来て問題を起こした。
ユーザ名は、送信したメールアドレスらしい。パスワードが分からない。

そこで、FONのホームページから、「パスワードをお忘れですか?」よりパスワードの再送を依頼する。
すると、すぐに届いたのだが・・・。
fonからのメール

MMSでは、読めない・・・。

でもって、Q&Aに転送しろと書いてあるので、i.softbank.jpに転送する。
しかし、やっぱり読めない。

で、PCに送ったりもしたが、マルチパートで送っているのだが・・・。はっ!わかった!

【解決策】
本文に、文字を入れればOKということが判明。
転送時の注意

すると、読めるようになった。

あとは、そこに書かれているパスワード(最後の.は省略)を使って、無事ユーザとしてログインOK。
その他、もろもろの設定も可能になった。

ということで、無事設定完了。
fonはしばらく入れっぱなしで様子をみたいと思う。

本当はb/gではなく、n対応だったら、相当嬉しいんだけど。

そうそう、何度かプロファイルを消したり、設定しているうちに、ituensのギフトをゲットできた。
1000円分のコードを入手。

さて、何を買おうかな・・・。
ラベル:iPhone
posted by baniko at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

scratchの日本語font

プログラミング言語?というか、Squeakで書かれた環境で遊んでみた。
子どもに、プログラミングを教えるのに、いいんじゃないかという発想。

で、ubuntu版が本家http://scratch.mit.edu/にあったので、入れてみた。
子どもに使わせるなら、日本語でと思ったら、フォントが汚い。またか・・・。
ubuntu版

あれこれ、poファイルなども設定してみたが、一向にうまくいかない。
誰か教えて欲しい。

仕方なく、windows版をwineでと考えた。インストーラなしのzip版があるので、こいつでチャレンジ。
最初は□の表示のみ。まぁ、これは想定範囲内。
そこで、localにあるja.poのフォント設定をする。とりあえず、MS UI Gothcに。
# Font to use on a Windows system
msgid "Win-Font"
msgstr "MS UI Gothic"


すると、言語を日本語選択すれば、結構綺麗に表示された。
windows版

ただし、言語選択メニューは「□」豆腐や「・」なので順番に選択するしか解決方法がない・・・。
一旦、日本語を選べば、日本語はどこだか分かる。
言語メニュー

まあ、これでOKなんだけど・・・。
ubuntu直で動かしたいわけで、綺麗に表示する方法を探してみなきゃ・・・。
ラベル:ubuntu Wine
posted by baniko at 14:31| Comment(1) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。