2009年11月25日

Qcam Expressが動作せず

以前は動作していたのだが、久々に使ってみたら動作せず。
記憶では、8.10では動いていたような・・・。

仕方なく、qc-usb.0.6.6.tar.gzを持ってきてコンパイルをかけたが・・・。
make all
make -C "/usr/src/linux-headers-2.6.31-15-generic" SUBDIRS="/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6" modules V=1 USER_OPT="-DHAVE_UTSRELEASE_H=1"
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/linux-headers-2.6.31-15-generic' に入ります
test -e include/linux/autoconf.h -a -e include/config/auto.conf || ( \
echo; \
echo " ERROR: Kernel configuration is invalid."; \
echo " include/linux/autoconf.h or include/config/auto.conf are missing."; \
echo " Run 'make oldconfig && make prepare' on kernel src to fix it."; \
echo; \
/bin/false)
mkdir -p /home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/.tmp_versions ; rm -f /home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/.tmp_versions/*
make -f scripts/Makefile.build obj=/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6
gcc -Wp,-MD,/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/.qc-driver.o.d -nostdinc -isystem /usr/lib/gcc/i486-linux-gnu/4.4.1/include -Iinclude -I/usr/src/linux-headers-2.6.31-15-generic/arch/x86/include -include include/linux/autoconf.h -Iubuntu/include -D__KERNEL__ -Wall -Wundef -Wstrict-prototypes -Wno-trigraphs -fno-strict-aliasing -fno-common -Werror-implicit-function-declaration -Wno-format-security -fno-delete-null-pointer-checks -O2 -m32 -msoft-float -mregparm=3 -freg-struct-return -mpreferred-stack-boundary=2 -march=i586 -mtune=generic -Wa,-mtune=generic32 -ffreestanding -fstack-protector -fstack-protector-all -pipe -Wno-sign-compare -fno-asynchronous-unwind-tables -mno-sse -mno-mmx -mno-sse2 -mno-3dnow -Wframe-larger-than=1024 -fno-omit-frame-pointer -fno-optimize-sibling-calls -Wdeclaration-after-statement -Wno-pointer-sign -fno-strict-overflow -fno-dwarf2-cfi-asm -DNOKERNEL -DHAVE_UTSRELEASE_H=1 -DMODULE -D"KBUILD_STR(s)=#s" -D"KBUILD_BASENAME=KBUILD_STR(qc_driver)" -D"KBUILD_MODNAME=KBUILD_STR(quickcam)" -c -o /home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/.tmp_qc-driver.o /home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c
In file included from /home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:47:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/quickcam.h:129:1: warning: "BIT" redefined
In file included from include/linux/kernel.h:15,
from include/linux/cache.h:4,
from include/linux/time.h:7,
from include/linux/videodev2.h:60,
from include/linux/videodev.h:17,
from /home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/quickcam.h:95,
from /home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:47:
include/linux/bitops.h:6:1: warning: this is the location of the previous definition
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_i2c_init’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:824: error: ‘struct urb’ has no member named ‘lock’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:825: warning: assignment from incompatible pointer type
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_proc_create’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:997: error: ‘struct proc_dir_entry’ has no member named ‘owner’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_proc_init’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:1035: error: ‘struct proc_dir_entry’ has no member named ‘owner’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_isoc_start’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:1867: warning: assignment from incompatible pointer type
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_v4l_poll’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:2256: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘priv’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_v4l_open’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:2308: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘priv’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_v4l_close’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:2376: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘priv’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_v4l_read’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:2424: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘priv’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_v4l_mmap’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:2479: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘priv’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_v4l_ioctl’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:2511: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘priv’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:2529: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘type’
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: At top level:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:3008: error: unknown field ‘type’ specified in initializer
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:3009: error: unknown field ‘hardware’ specified in initializer
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:3013: warning: initialization from incompatible pointer type
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c: In function ‘qc_usb_init’:
/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.c:3158: error: ‘struct video_device’ has no member named ‘priv’
make[2]: *** [/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6/qc-driver.o] エラー 1
make[1]: *** [_module_/home/xxxx/tmp/qc-usb-0.6.6] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/linux-headers-2.6.31-15-generic' から出ます
make: *** [quickcam.ko] エラー 2


世界中で同じようなエラーが出てるという報告だけで、対処法が見つかっていない模様。とほほ。
ソースを読んでというほど、使いたい訳ではないので、しばらく様子を見ることに。
きっと、誰かが対処してくれるかな・・・。自分でしないといけないとなると、敷居が高すぎるし・・・。
ラベル:ubuntu
posted by baniko at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SumatraPDF

Lifehackerの記事で、結構良さそうな感じが伝わってきたので、利用してみることに。

でも、Windowsではなくwineでtest。
本家SumatraPDFからZIP版をダウンロード。解凍後実行するのみ。

起動は問題無し。
PDFの表示も問題無し。
sumatraPDF
しかし、ツールバーが正しく表示されていません。
アイコンがまったく表示されていないようですが、それらしきところにポインタを合わせると機能する・・・。微妙な感じ。

範囲選択ができないようです。

でも、起動時間、表示速度などとても快適です。
見るだけなら、とてもいい感じ。どうしてadobeにこれができないのか・・・。

日本語の表示もまったく問題ないですし、メニュー系は日本語を指定すれば、OKです。(デフォルトで日本語になってたわぁ)
ラベル:ubuntu
posted by baniko at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

iBus-Anthy? -anthy?

9.10の日本語入力はanthyなのだけれど、細かな設定ができなかったので、あれやこれやと触っていると、不思議なことに気づいた。
iBus-AnthyとiBus-anthyの2種類が存在する。
違いが分からないが、デフォルトでは小文字のanthyが使われている。

そこで、「システム」→「設定」→「IBusの設定」で、Anthyを追加してみた。すると、これまでのような設定が可能になった。
IBusの設定

変換中の表示色なども異なるし、「〜」が「 ̄」と入力されるのも改善された。キーボードの設定ではなかったようだ。

詳細が分からないけれど、日本語入力は作業の大部分を占めることが多いので、使い慣れた環境というのは、大切なことですなぁ。
ラベル:ubuntu
posted by baniko at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ubuntu 9.10にupgrade

10月末に出ていましたが、しばらく様子見をと思っていたが、BitTorrentで予想より早く落とせたので、とりあえずVirtualBoxで動作テスト。

結構、いい感じだったので、メインマシンを思い切ってupgrade。
リポジトリを外すよとか、言ってきたぐらいで、あとは問題無し。

しばらくテストしてみますが、ibus+Anthyも快適だし…。

気になるのは、キーボードの選択リストに日本語キーボードがなくて、とりあえず適当に選んだのが、ちょい心配ですな。一部アサインが違っていて、入力に手こずっているのと、Anthyの細かな設定ができないことが残念です。
ラベル:ubuntu
posted by baniko at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。